ラセック

フラップを作らないレーシック手術とは

1990年のほぼ同時期に、ギリシャとイタリアの眼科医によってマイクロケラトームというカンナのような刃物を使ってフラップを作るレーシックが開発されました。
それ以降、フラップ作りはマイクロケラトームのような刃物からエキシマレーザーへといった変化はありますが、レーシックは「角膜にフラップを作り角膜の屈折率を調整することで視力を回復する手術」として普及してきました。

しかし、フラップを作ることから角膜に一定以上の厚さが必要で、フラップにシワやズレが発生するリスクもあります。
このことで「角膜の薄い人は手術を受けられない・目に衝撃を受けやすいスポーツをする人に適さない・矯正精度が低いと近視への戻りがある」といった問題が十分には解決できていませんでした。

そうした問題の解決を志向したのが、フラップを作らないレーシック手術です。
このレーシックではフラップを作らない代わりに、アルコールで角膜上皮を剥離したり電動ブラシやレーザーなどで角膜表面を除去したり、角膜に非常に小さな切り込みを入れるといった方法が行われます。
具体的には、レーシック適応外の角膜が薄い人に施術されることが多いラゼック(LASEK)、直接角膜にレーザーを当てて視力を矯正することから激しい運動をする人に行われることが多いPRK、矯正精度が高く近視への戻りやドライアイになりにくい新世代レーシックといわれるReLEx(リレックス)などがあります。



このページの先頭へ