ラセック

レーシック難民とは

レーシック難民とは、東京・浅草「楽視眼科」の元顧問医師であったわが国のレーシックのパイオニアである吉田憲次医師が商標登録した造語です。
術後に不具合な症状が出ているものの手術した病院やクリニックから期待どおりの診療を受けることができず、治療してくれる病院を転々と探しながら不具合で苦しんでいる患者のことを言います。

レーシックは、角膜の屈折率を変えることで視力を回復・矯正する手術です。
しかし、低い確率とはいえ術後に疲れ目・充血・頭痛・視界のぼやけ・ドライアイなどの後遺症や何らかの目のトラブルに悩まされるケースがあるのです。
これらは、症状はあっても検査数値には出てこないことから手術した病院やクリニックとしても手の尽くしようがないし、一般の眼科では満足な治療を受けることが困難と言われます。
その結果、レーシック難民が誕生するのです。

レーシック難民については、存在そのものに関しての論争がネット上で展開されています。
難民サイトや被害者の会などによるレーシック手術の失敗でレーシック難民として苦しむ人が多数いるとの主張と、レーシック難民の情報は何らかの業界からお金をもらっているウソ難民によるネガティブキャンペーンでありレーシック難民は実在しないとするものです。

これは人が行う手術ですから、成功を保障するものではありません。
そのことを理解したうえで、レーシックを受けるかどうかを患者自身が判断・決定する必要があります。

このページの先頭へ