ラセック

レーシックとラセックの違いは?

レーシック」も「ラセック」も、角膜形状を削って屈折率を変えることで視力を回復させる屈折矯正手術の一つです。
この両手術の決定的な違いは、「角膜のめくり方」にあります。
レーシックの場合は、まず五層構造の角膜の一層目である角膜上皮層をマイクロケラトームでめくり、フラップという蓋の役割を果たす部分をつくります。
その後、三層目にステンレス製のカンナやレーザーカッターで切り込んで断面を露出させ、その断面をレーザーで焼くことで視力を調整するのです。

一方、ラセックの場合は、アルコールやレーザーカッターで0.05mmほどと言われるの薄い角膜の一層目だけをめくり、二層目と三層目をレーザーで焼いて視力を調整します。
ラセックの特徴は削る角膜の量がレーシックに比べて薄いことから、レーシックでは困難な角膜の薄い人や近視度の強い人方でも手術を受けることが可能なことです。
また、めくっていた一層目が自然に元通りになりることから術後のズレの心配すがなく、激しいスポーツをする人や格闘技など目に圧力などがかかる人でも手術は可能と言われています。

なお、ピンセットで角膜をめくことから痛みを伴い、手術後1週間は仕事ができないようです。
また、角膜上皮層が正常になるのには2~4週間ほどの時間がかかりまから、視力の回復もその程度の期間が必要ということです。
みなさんもレーシックでコンタクト生活とおさらばしてみませんか。


このページの先頭へ