ラセック

レーシックの特徴

レーシックは2つに大別できます。
これは、角膜にふた状のフラップを作成する機器によるもので、「マイクロケラトーム」を使用するレーシックとコンピュータ制御された「イントラレーザー」を使用するレーシックです。

マイクロケラトームは、金属製カンナのような電動メスを使って約160μmのフラップを作成します。
このレーシックでは、「電動メスを眼球上で移動させながらフラップを作成することから角膜に細かい傷が入り易い」「マイクロケラトームの精度が高くなかった」「医師の技術が不足していた」といったことなどが原因で合併症が起きることが多かったようです。

イントラレーザーは、カンナのような刃物ではなくレーザーを特殊なレンズを使って角膜に照射することで約110μmの薄いフラップを作成します。
イントラレーザーはコンピュータ制御されていますから正確・安全に、しかも従前よりはるかに薄いフラップを作ることができます。
マイクロケラトームを使用するケースのように、角膜を傷つけることや機器の精度、医師の技術不足を心配する必要がないのです。

イントラレーザーの特徴は、均一な厚みのフラップが作成できて術後の視界の質の向上・断面がきれいに仕上がることで合併症を低減できること、といえます。
そのことで、現在、レーシックの主流はイントラレーシックになっています。
また、こちらのレーシックの体験談についての記事も参考にご覧ください。


このページの先頭へ